本文へスキップ

徳島おもちゃ病院はボランティアグループです。

故障かなと思う前に!Troubleshooting Before you think

電池で動くおもちゃ

電池で動くおもちゃの故障の原因のほとんどが電池である場合が多いです。

1.電池は正しく入っていますか?

  • 電池はプラス、マイナス、電池の向きは正しいですか?
  • きちんと電池ボックスの中に納まっていますか?
  • 浮き上がりはありませんか?
  • 電池は、電極に接触していますか?

2.電池は残っていますか?

  • 電池の電圧容量を測ってください。乾電池チェッカー(100円ショップなどで手に入ります)で、電池の電圧容量をチェックしてください。乾電池チェッカーの針がGoodであれば、その電池は使えます。
  • 乾電池チェッカーの針がGoodを示さない電池は、新しい電池と交換してください。

3.電池は正しいものを使ってますか?

  • アルカリ電池を使用するように書かれているおもちゃに充電式電池を使っていませんか?
  • そんな場合はアルカリ電池を使用するようにしてください。
  • 使用可能な電池については、おもちゃメーカーの取扱説明書に示されていますので、よくお読みください。

4.電池を納めている電池ボックスの中の電極を調べてください。

  • 電池ボックスの中を覗き、電極が錆びていないか調べてください。
  • 錆びていたら、金属ヤスリやサンドペーパーで、錆びた電極の錆を取り省いてください。
  • 電池ボックスの中が、電池から漏れ出した液でべとべとしていましたら、乾いたボロ切れで丁寧にふき取ってください。

【電池ミニ知識】

  • ※モーターで動くおもちゃは、モーターが動力になっています。
     モーターは、供給電圧が1.5ボルトでないと力強く回転しません。
     電池の電圧が低下して、1.2ボルト以下になると、モーターはほとんど力をなくします。
  • 充電式電池(eneloopなど)は、電圧が1.2ボルトです。(1.5ボルトではありません)
  • 1.2ボルトでは、モーターを動力としているおもちゃがやっと動く電圧なのです。
  • 経済的と充電式電池をおもちゃに使用なさると思いますが、電圧が1.2ボルトですから、モーターがやっと回転している状態なのです。

プラレールの場合

車輪と連結器の故障のとき

○プラレールの車輪のゴムがとれてしまったり、連結器が壊れた場合。

  • プラレールゴム輪や、連結器の交換部品は大きなおもちゃ店で販売しています。
    購入されて交換をなさってください。